腸内環境と酵素の関係

太りやすくなったり、体調があまりよくない、便秘や肌トラブルの原因は、体内に毒素が溜まっていることも一つの原因だと言われています。

その毒素を排出することをデトックスといいますが、デトックスというと、湯船に30分位浸かったり、運動して汗をかくのが効果的と思っている方もいますが、実はデトックスは、腸内の不要物を出すことが一番大事なんだそうです。

このデトックスの働きをスムーズに行う為に欠かせない一つが”酵素”なのです。

腸内に不要物が溜まっていると、腸内環境はどんどん悪化してしまいます。すると、さらに不要物が溜まると言う悪循環が起こります。

また、腸内環境が悪化して、老廃物や毒素が溜まると、栄養素の吸収が阻害されます。そうなると、栄養が全身の細胞まで行き渡りません。代謝が低下してしまうという弊害が起こるのです。

人間の体は、約60兆個の細胞から構成されています。そして、周期ごとに代謝が行われて、新しい細胞が再生されるので、健康な体を保つことが出来るのです。

この周期は、例えば肌なら約28日、心臓なら約22日、骨の細胞は約3ヶ月というように、部位ごとに異なります。でも、代謝が低下すると、この周期が乱れてしまい、古い細胞がなかなか入れ替わらなくなってしまいます。

そのため、分かりやすい例で言うと、肌荒れや肌トラブルが起こってしまうのですね。このような状態にならないようにするためにも、デトックスは必要不可欠なのです。

デトックスによって腸内環境が高まると、代謝の低下を防ぐことが出来ます。さらに、腸内環境が整って、老廃物や毒素がきちんと排出されると、代謝は活発になります。

酵素が豊富ならバリバリ働いてくれるので、新陳代謝が活発に行われ細胞の入れ替わりもスムーズに行われます。美肌効果やアンチエイジング効果を得るためには酵素をたっぷり摂ることは大切なことの一つなんですね、